東京浅草橋 人形のまるぎん
  • 取扱商品
  • 店舗情報
  • 通信販売
  • その他コンテンツ
  • カタログ・パンフレット請求
トップ  >  古い人形を処分する

古い人形を処分する

お顔のある人形は捨てにくいものです、そこで二つの方法を御紹介します。

その1.人形感謝祭や人形供養祭へ持ちこむ

東京の場合、明治神宮人形感謝祭が毎年10月上旬の日曜日に本殿前で行われています、当日の持込のみの受付で、手で持てるくらいまで(45Lのゴミ袋くらい)、3000円の初穂料が必要です、 ちなみに、平成26年の第26回感謝祭は、来場者10,000名、納められた雛人形、五月人形、日本人形、ぬいぐるみなどは55,000体に及びました。

お問い合わせ先 人形に感謝する会  03-3861-3950
日時、その他は※明治神宮人形感謝祭のホームページをごらん下さい。

その他の地区については (社)日本人形協会のホームページをご覧下さい。

その2.(社)日本人形協会の人形感謝代行サービスを利用する

社)日本人形協会が東京大神宮と郵政公社と提携し、ゆうパックを利用した新サービスを開始しました。

☆一年中受け付けています。
☆たて、横、高さの合計が、170㎝以内のダンボールに入る量までOKです
☆料金は一箱全国共通で一律5,000円です(ゆうパック料金、初穂料、供養料まですべて含む)
☆出向く必要はありません、自宅まで取りに来てくれます
☆人形感謝代行サービスの人形供養祭は、毎年10月頃に飯田橋の東京大神宮において関係者のみにて挙行されます。

資料請求、お問い合わせ、お申し込みは、
電話:0120-255942 ファックス:0120-255943 (平日10時~5時、土、日、祭日は休み)
◎詳しくはこちらをご覧下さい。


※ガラスケース入の雛人形や五月人形は、枠・ガラス等をはずして下さい。又雛人形や五月人形以外のお道具等は一般ゴミとして処分して下さい。
※1、2の方法とも、ぬいぐるみもお受けしていますが、一部の人形感謝祭では、ぬいぐるみ不可とされています。主催者にお問合せ下さい。
※古い人形といっても、江戸時代、明治時代の雛人形や五月人形はそれなりの価値があります、捨てないで下さい。明治神宮人形感謝祭にも貴重なお人形が持ち込まれることがあります。